メニュー
温泉-1
温泉-2

onsen 七釜温泉 源泉かけ流し

浜坂温泉郷でもっとも古い温泉、七釜温泉。
旅人の疲れを癒す良質の温泉は、柔らかい湯質で身体を包み込みます。
鉱泉質が混ざり、独特の赤みがかった色合いをしているのは、
100%の天然温泉を使っているから。
食材だけでなく、お湯にも鮮度がございます。
かけ流しで常に新鮮な湯をお楽しみください。

  • 完全貸切制 2ヶ所
  • 24時間入浴OK
温泉-1
温泉-2
温泉-3
温泉-4
七釜温泉分析書

七釜温泉分析書


湧出地 兵庫県美方郡新温泉町七釜字前田797−9
泉 質 ナトリウム・カルシウム 硫酸塩高温泉
(Na・Ca-SO4泉)低張性、中性、高温性
泉 温 50.4度(気温9.5度)
湧出量 720リットル ⁄ 分(掘削、ポンプ揚水)
知覚的試験 無色澄明、わずかに苦味を有す。
pH値 7.18

調査及び試験者/兵庫県立衛生研究所 寺西清 市橋啓子
証左及び試験年月日 ⁄ 平成6年3月18日

療養泉分類の泉質に基づく禁忌症、適応症

1.浴用の禁忌症

1.急性疾患(特に熱のある場合)、2.活動性の結核、3.悪性腫瘍、4.重い心臓病、5.呼吸不全、6.腎不全、7.出血性疾患、8.高度の貧血、9.その他一般に病勢進行中の疾患、10.妊娠中(特に初期と末期)、11.高温浴禁忌症(42度以上)、a.高度の動脈硬化症、b.高血圧性、c.心臓病

2.飲用の禁忌症

1.腎臓病、2.高血圧症、3.その他一般にむくみのあるもの、4.下痢の時

3.飲用上の注意

フッ素およびヒ素を含有するため飲用の許容量は1日につき330ml以内とし、長期にわたり飲用したい場合には温泉について専門的知識を有する医師の指示を必ず受けること、なお8才から15才までの飲用の許容量は1日につき160ml以内とし、乳幼児の飲用は避けること。

4.浴用の適応症

1.神経痛、2.筋肉痛、3.関節痛、4.五十肩、5.運動麻痺、6.関節のこわばり、7.うちみ、8.くじき、9.慢性消化器病、10.痔疾、11.冷え性、12.病後回復期、13.疲労回復、14.健康増進、15.動脈硬化、16.切り傷、17.やけど、18.慢性皮膚病、15は42度以下での浴用の適応症

5.飲用の適応症

1.慢性胆嚢炎、2.胆石症、3.慢性便秘、4.肥満症、5.痛風